インプラント治療と舌側矯正

インプラント治療によって歯科医療の可能性が広がりました。病気や外傷または加齢によって歯の根が失われた患者にも人工の歯を埋め込むことができるようになったのです。インプラント治療は矯正治療と平行して行われることも多いのですが、推奨されているのが舌側矯正と呼ばれる治療方法です。これは歯の裏側に装置を付けて行える治療方法で、人に気づかれずに治療を進められます。人前に出るような職業の方や他人に装置が見えるのが恥ずかしいと感じている方にとって理想的な治療法といえるでしょう。また表側に装置を付ける治療法に比べて虫歯になりにくいという利点もあります。

舌側を矯正するメリット

顎の骨に人工的に作られた歯根を埋没するインプラントは、自分の歯とほぼ形が変わらないので利用している方も多いのではないでしょうか。インプラントで舌側を矯正するメリットとしては、ワイヤーを使うことなく動かしたい歯を直接引っ張ることができます。短期間の治療で終わりますので、忙しい方におすすめの方法です。また、直接歯を引っ張って移動させることが可能ですので、体にあまり負担をかけることなく行うことができます。治療を受けてみたいと考えている方は、まずは担当の医師に相談をしてみましょう。自分のライフスタイルに合った治療を選択しましょう。

↑PAGE TOP