インプラントとは何か

年を重ねることで、徐々に歯が弱くなってきたりすることもあります。中には自分の歯を部分的に失ってしまうということもあるのです。そういった場合に適した治療として、インプラント治療を挙げることができるのです。これは人工歯根をあごの骨に埋め込んで行くものであり。それが安定することによって人工歯を入れることができるようになります。保険適用外なので、高額の費用はかかるのですが、それでも自分の歯のような感覚で食事をしたりできるので、評判がいい治療法なのです。

インプラントの注意点

永久歯に替わる第三の歯ともいわれるインプラント。顎の骨に埋め込むので自分の歯のような噛み心地を実現、見た目も自分の歯と見間違えるほどの美しさのことから、この治療法を選択する方が増えています。夢のような治療法ですが、実は注意したい点があります。それがインプラント周囲炎です。自分の歯ではない、つまり神経が通っていないので歯周病のような状態になってもなかなか気づきにくいです。気づかずに放置するとかなり悪化し、取り返しがつかない状態になることもあるといいます。

↑PAGE TOP