歯列矯正の治療方法について

現代の歯列矯正の治療方法にはブリッジを装着する一般的な方法からインプラントまで症状によって様々な治療が選べます。インプラント治療では病気や外傷、加齢によって顎の骨が破損したり歯の根が無くなってしまった方にも人工の義歯を埋め込むことができます。注目され始めている矯正方法に、舌側矯正という治療方法があります。これは従来は歯の表側に装着していた矯正装置を裏側に装着する治療方法で、周りの人にほとんど気づかれることなく矯正できるということが一番のメリットです。また歯の表面のエナメル質にダメージを与えずに治療できるという利点もあります。

舌側インプラント矯正のメリット

インプラント矯正というのをご存知でしょうか。従来の矯正法は、歯と歯をワイヤーなどで引っ張り合うことで正常な位置に動かそうというものでしたが、これでは動かしたくない歯にも負担が大きいですし時間もかなり必要でした。新しいこの方法だと、固定した矯正用インプラントというものを支点にワイヤーを取り付けるので、治療期間は約半分にまで短縮できるようになりました。また舌側矯正を行えば、人に気づかれることも少なくて済みます。接客業や営業職の方には特に重要なポイントかもしれません。治療期間が短くて済むという事は、虫歯になるリスクも減らせます。

↑PAGE TOP