スクリュー方式の舌側矯正

現在のインプラント治療にはメンテナンスの際のメリットからスクリュー方式の施術が主流になっています。歯が揃うと見た目が良いだけでなく噛み合わせが良くなって食事が美味しく感じたり姿勢が良くなったりと健康面の改善も期待されます。ただインプラントによって咥内環境が変わり、歯の矯正が必要になることがあります。見た目に影響しない矯正ということで、裏側からする矯正、舌側矯正という技術が注目されています。舌側(ぜっそく)とは歯の舌に面した側面のことを指す言葉です。裏側矯正とも呼ばれ、その名の通り歯の裏側に矯正装置を付けてする矯正治療のことです。

舌側矯正という矯正治療方法

矯正歯科は歯列矯正に関する治療を専門にしている歯科医院です。近頃よく見聞きするようになったインプラント治療も矯正歯科の管轄です。インプラントの技術によって矯正治療の幅が飛躍的に広がりましたが、いわば歯の無い所に人工の歯を生やす施術ですから、他の歯に影響して歯並びが変わってしまうことがあります。その対処として通常の歯列矯正も平行して施す場合があるのですが、通常の矯正治療も進化を見せています。従来は歯の表側に矯正装置を装着するのが一般的な治療方法でしたが、舌側に装着する方法が注目されつつあるのです。舌側に矯正装置を付けることによって矯正治療中であることが見た目に分からなくなるので、人前に出る職業の患者さんに人気があります。

↑PAGE TOP