インプラントと舌側矯正の専門医

歯列矯正には様々な施術方法がありますが、個人の症状や予算に合わせて専門医に相談することが大切です。インプラント治療は新しい矯正医療の一つです。インプラント治療は失われた歯の根の代わりにスクリューネジを埋め込み、人工の歯を作る義歯の技術です。恐ろしげな印象を受けますが、現在では患者の負担を軽減する工夫も進んでいます。また舌側矯正という治療方法も注目されてきています。従来は歯の表側に矯正装置を装着するのが一般的でしたが、これは歯の裏側に装着して矯正していきます。矯正装置が表に見えないので、周りの人に気づかれることなく治療できます。

舌側のインプラントは難しいです

インプラントとは、顎の骨に埋め込む人工物のことを言います。これは、歯がなくなった人が、顎に埋め込み、新しい歯を作るというものです。こうした手術の歴史は古く、古代ローマでは、顎の骨に鉄を埋め込んでいました。また、古代アステカ文明では、魚類の骨を人の顎に埋め込むという手術が行われていました。最近のインプラントでは、こうした鉄や魚類の骨の変わりに、チタン合金を埋め込みます。チタン合金は、顎との結合率が、鉄などと比べて格段に良いのです。もちろん舌側の歯にも効果的です。舌側は前歯などが多いので、顎の骨は比較的、薄くできているのですが、近年の技術の向上により、こうした手術も簡単に行えるようになってきました。

↑PAGE TOP